--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
04.27

写真展を見て来ました。

Category: ライカ
以前、RAIN DOGS cafeさんで教えていただいた『3.11 アニマルレスキューの記録』という写真展を見てきました。



東日本大震災の後、警戒区域に取り残された動物たちがどうなったのか。
救助されて里親さんに引き取られたコ、飼い主の帰りを信じて待ちながら朽ち果てていったコ。

かなりショッキングな写真もありました。
覚悟して行ったけど、涙は出ませんでしたね。
悲しいというより、怒りの感情の方が強くて。


(スタッフの方に許可を得て遠めの写真だけ撮らせていただいてます)

あれは絶対に助けられた命だった。

なんで、迎えに行かせてあげなかったんだろう。
帰りたかった家族はたくさんいただろうに。

家の中で飼い主を待ちながら死んでいったパグちゃんの写真がありましてね。
寂しくて、お腹が空いて、苦しかったんだろうね。
近くにあった布団の中身を掻きだして、真っ白な中綿に埋もれるように死んでいました。

人間って罪深いなって、改めて思いました。




浦和駅前のパルコ10階にある「浦和コミュニティセンター」の第2集会室で、4/27(金)~4/30(月・祝)までやっています。
小さな会議室の一室ですが、約200枚の報道されていない本当の姿を、是非見て頂きたいと思います。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://raika1220.blog111.fc2.com/tb.php/300-3e065b9f
トラックバック
コメント
>ダズオ母さま

教えてくださってありがとうございます。
辛かったっス。
でも、目を逸らしちゃいけないなって思いました。

ホントに、今、横にいてくれるのを当たり前だと思っちゃダメですね。
せめて、助け出されたコたちが、飼い主さんと再会出来ていることを願ってやみません。
ライカ母dot 2012.04.28 23:21 | 編集
苦し過ぎて、やりきれない。
かわいそうだけでは、済まない現実。
やり場の無い怒りと焦燥感、けして忘れてはいけない真実。

普通に愛犬と暮らせる日々を本当に感謝しなくては。
当たり前と思ってはいけませんをね。


ダズオ母dot 2012.04.28 20:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。