--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
12.24

ライカがお家にやってきた。

Category: ライカ
年が明けて、ライカさんがアンジーのママと、その活動のお手伝いをしてくださってる方々と一緒にお家にやってきました。
朝から寒くて、小雨の降る日でした。

もうね、前日からドキドキしちゃって眠れなかったんですよ(苦笑)。
そしてこの期に及んで、ちゃんと飼えるのかの不安もよぎり、期待も膨らみ…複雑な心境だったです。

「うち4階で、このアパート、エレベーターないんですけど抱っこした方が良いですか?」って聞くと。
「階段の上り下りも上手にできるから大丈夫よ」って。
言葉通り、ライカはひょこひょこ上手に上がっていきます。

里親ボランティアをされている方々は、基本的に外での受け渡しではなく、こうしてきちんとお家までお届してくださいます。
ちゃんとペット可の住宅なのか。
家族として、家の中で一緒に生活してくれる人なのか。
必要なものはちゃんとそろっているかなど、ちゃんと見てくれるんですね。

私が今のアパートに決めたのは、第一にベランダが広く、しっかり寝転がってひなたぼっこできそうなところでした。
チワワとかの小型犬だったら、ちょっとしたドッグラン状態になりそうな広さです。
そのベランダにすぐ出られる四畳半の部屋に、ライカのケージやらトイレやらをセットし、防音シートとカーペット敷いて待ってました。
えぇ、まさに、ライカさん部屋です(笑)
「これだったら、もう1匹大丈夫ね」と笑われました。

そして、「まずはトライアルです」…と。
まず、1週間過ごしてみて、これからずっと一緒にいられる相手かどうかよく考えて下さいと。
はなから、一度お預かりしたからには絶対に手放さないわよ!と思っていたのですが、いざそう言われたら肩の力が抜けたような気がしました。
「無理はしないでください」と。
相性とかもあるので、よ~く考えて。
どこかに無理をしていては、それは、お互いを不幸にしますって言われました。

ボランティアさんたちの真剣さを、改めて感じました。
一度、不幸な目にあってきた子たちを、絶対に幸せにするんだって気持ちが伝わってきます。

そして、ライカの避妊手術をした時の領収書を頂き、その金額をお渡ししました。
「これも、もしトライアルが上手くいかなかったらお返しするので、今はお預かりします」とのこと。
最初だけ、ちょっと部屋の中を嗅ぎまわっていたライカさんも、説明の間は大人しくアンジーママの横に寝そべってました。

お茶でもいれようかとした時に、「別れるの辛くなるから…」と、早々にお帰りになる様子。
「ここで一緒に遊んであげていてください。追いかけてくるかもしれないから、そのまま、声をかけずに出ます」と。

パタンとドアが閉じる音がすると、ライカが玄関まで走って行きました。
吠えることもなく、鳴くこともなく、ただジッとドアを見つめて動かない姿に胸が痛みました。
どんな風に感じているんだろう?
「おいてかれたわけじゃないんだよ?」
「送ってきてくれたんだよ?」
「今日からここがあなたのお家なんだよ?」って、めいっぱい優しい声で話しかけました。

しばらくそっとしておこうと思って、離れて様子を伺っていると、30分以上玄関でじっとしていました。
「おいで~」と呼ぶと、ちゃんとこちらに走ってくる。手を舐めてくれる。
でも、何度も玄関の方を見る。
………せつなかったです。


それでも、夕方、雨があがって初のお散歩に誘ったら、喜んで歩きました。
バイトしていたWoo Pee cafeさんへも連れてご挨拶。
常連さんたちにも、いっぱい撫でてもらってうれしそうだし、家に帰ってちゃんとご飯も食べてくれました。
ホントに手のかからない、すごく良いコでした。

でも、今思うと、やっぱり表情が硬かったな~(苦笑)。

次の朝にね、ベランダを開けて出られるようにしてあげたら、喜んで部屋とベランダを行き来してたんですよ。
で、お散歩の前に、洗濯すましちゃおうと思ってちょっと離れてね、洗濯物干すのにベランダに出たら、すみ~っこの方に何かあるんですよ。
近づいて良くみてみたら、ちょっとだけ吐いた跡が…。
思わず「あっ!」って声をあげちゃったんですが、その時にライカがぐっと首を縮めて、耳を横に寝かせ、目をギュって閉じたの。
びっくりしました。
怒られると思ったんだね、きっと…。
慌てて、「ごめんね、ごめんね、大丈夫だよ。気持ち悪かったのね。気がつかなくてごめんね」って言いながら撫でたら、手をペロペロしてきて。

アンジーママと離れて、初めての場所に知らない人といることが、どんなにかストレスだったんだろうね。
落ち着いて見えたけど、ものすごく緊張してたんだろうね。

私はライカさんが家に来た初日よりも、この次の日の朝のことがすごく印象に残っています。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://raika1220.blog111.fc2.com/tb.php/125-44cdf163
トラックバック
コメント
>サラロンさん

えぇ、ホントに聞いたことないですよね。
甘ちゃんなのは重々承知。e-441

当時はまだブログもはじめていなかったので、リアルタイムな心境は書きとめてなかったんだけど、今でも鮮明に覚えてます。
今でもライカが喋れたら聞いてみたいと思ってます。

でも、そうかな。
頭がよいコかどうかは判らないけど(だって時々とんでもないことするし…)、状況を察することのできるコだと思います。
私…幸せなものなんですね~e-266

ロンくん、サラちゃん、皆様にもメリークリスマス♪e-454
ライカ母dot 2010.12.25 23:03 | 編集
ライカちゃんやったね~♪
3件はしごなんて、そんな犬と飼い主、、
聞いたことないぞ(笑)

アンジーから来た時は、そんな風だったんですね
どんな風に思ったのか?
不安もあっただろうけど、でも、
ココに幸せがあるんだ!って感じていたんでしょうね♪

ライカちゃんはホントに頭がよくて
最高のワンコだよ!って、アンジーママからよく聞いてます
ホントにその通り♪
ライカ母さんは幸せものですねっ(笑)
感謝をこめて・・・メリークリスマス!
サラロンdot 2010.12.25 17:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。