--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
06.20

ライカへ。

Category: ライカ
ライカがいなくなってから今日で1年たちました。
どうかな?
母ちゃん、少しは立ち直れてる?まだダメダメ?(苦笑)

1年はあっという間なんだけど、ホントにそうなんだけど。
でも、この1年はものすご~~く長く感じているよ。

こまりが傍にいてくれるのは、それはそれでとても幸せなことなんだけど、それでも毎日、ライカのこと思い出してるよ。

この間、アニマルコミュニケーターさんとお話ししたね。
ライカに「ママがお話ししたいって言ってるけど、少しお話し聞かせてくれる?」って聞いたら、思いっきりシッポ降って「は~~い!」って真っ直ぐに駆けてきてくれたって。
「ライカちゃん、すごく一途で真っ直ぐな子ですねぇ」って感心してたよ。

コミュニケーターさんがね、
ライカちゃんが、「お母さん、大好き!」って言ってますって。
まず何よりも、そう伝えて?って言ってるって聞いて、涙がでたよ。
ホントにその一言だけで、もう何もいらないって思った。

楽しかったって。
いっぱい撫でてもらって嬉しかったって。

母ちゃんも、ライカといっぱいお散歩できて、毎日すごく楽しかったんだよ?

最後の数日、苦しそうなライカを置いて、お仕事に行かなきゃいけなかったことも、苦しいのに傍にいてあげられなかったこともすごく悔やんでいたんだけど、ライカは全然気にしてないって。
「苦しかったのは苦しかったんだろうけど、ライカちゃんはもう全部、過ぎたこととして消化してます」って、一切、気にしていないって。

ほんと?ほんとに?
もう、苦しいのは忘れちゃった?
楽しいことだけ覚えててくれてるの?


もうひとつ、こまりの存在をライカがどう思ってるか。
実は母ちゃん、とっても気になってたんだ。

こまりのことを聞いてもらったら、なんかすご~くあっさりした感じで、
「知ってるよ?ライカの妹ってことでしょ?」って(笑)
どう思ってるのか聞いたら、
「みんなが幸せでいいと思う」って言ってくれたんだってね。

こまりが来て、母ちゃんが元気になってライカ嬉しいから幸せ。
こまりに、ちゃんとお家ができて嬉しいから幸せ。
こまりを可愛がる時に、必ずライカのことをみんなが思い出してくれて嬉しいから幸せ。って。
「だから、みんなが幸せでいいと思う」って。

笑っちゃった。
優しい子だね、ライカ。

途中、コミュニケーターさんが、
「あ、ちょっと待って?ライカちゃん、ちょっと難しいこと言ってる」って言うからなにかと思ったら、
「ライカはライカ。こまりはこまりだからね?」って言ってますって。

それは、こまりを可愛がる時に、ほんの少し後ろめたさを感じてしまっていた母ちゃんへの想いなのかな?
ライカはライカだから、母ちゃんがこまりを可愛がっても淋しくないよ?って意味?

ライカはライカ。
こまりはこまり。

ふたりとも、とっても可愛い、大事な母ちゃんのコだよ。
ずっとずっと、母ちゃんのコだよ?

ちょこちょこ、遊びにも来てるんだって?(笑)
だから、母ちゃんのこと全部知ってるよって?
時々、こまが上の方にふわ〜っと視線走らせる時は、ライカが見えてるのかな?
「だったら、もっと夢に出てきてくれればいいのに!」って母ちゃんが言ったら、コミュニケーターさんから、「想いが強すぎると逆に夢に出てこれないんですよ」って言われちゃった。
むしろ、ふだんからちょこちょこ遊びに来てるから、何でもない時にフッとライカのことを思い出す時なんかに、実は傍にいるんですよって。

そう思ったら、さみしくないよね。


前に、Qさんが、「天国は南の島にあるのです」って教えてくれたの。
きっと今頃、ライカはのびのびバカンスしちゃってるのね。

ゆっくり、のんびり過ごしておいで。
いっぱい遊んで、いっぱいごろごろして、それでちょっとそっちに飽きちゃったら、またいつでも遊びにおいで?
いつでも、母ちゃん、待ってるからね。

ありがとう、ライカ。
ずっとずっと、大好きよ。
DSCN5477.jpg



スポンサーサイト
Comment:1  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。